特定非営利活動法人ユニバーサルイベント協会

すべてのイベントをユニバーサルに…

ユニバーサルイベントとは

 イベントは本来、参加を希望するすべての人が、困難なく快適に参加でき、充実したコミュニケーションが実現できる空間です。当然、高齢者や障害のある人も楽しく参加できなくてはなりません。

 これまでも、博覧会や展示会・見本市など障害者用トイレや導線は必ず考えられていました。しかし、それはあくまでも「障害者対策」であり、基本は健常者中心の会場構成、企画になっていました。これからはすべての人が特別扱いでなく、普通に参加できるイベントを考える必要があるのではないでしょうか。「身障者対応」「高齢者対応」を特別に考えるのではなく、企画構想・計画・会場設計・運営すべてにわたり、誰もが参加できるという前提で考えるイベントが当然のこととして求められてきます。

 これからのイベント実施者は、すべての人が参加できるイベントにはどのような視点や配慮が必要なのか、どのような技術の開発が求められているのかを考えていかねばなりません。

図:ユニバーサルイベントとは

ユニバーサルイベントの基本構造

ユニバーサルイベントは以下のような4つの基本要素によって構成されています。

ユニバーサルイベントの基本構造


ユニバーサルイベントの4つの基本構成要素


1.ユニバーサル・アクセシビリティ

会場へのスムースなアクセスのための経路・通路の安全性・容易性

図:ユニバーサル・アクセシビリティーの基本

2.ユニバーサル・コミュニケーション

誰もが理解できるプログラムのための情報受発信機能の充実

図:ユニバーサル・コミュニケーションの3要素は「マルチメディア化」「インタラクティブ化」「わかりやすさ」

3.ユニバーサル・オペレーション

会場運営の内容・体制の充実による安全性とホスピタリティの実現

図:ユニバーサル・オペレーションの3原則は「安全の確保」「ホスピタリティ」「来場者の平等性」

4.ゼロエミッション・システム

廃棄物やゴミを極力出さない会場施設構成と運営構成の実現

図:ゼロエミッション・イベントの基本原則は「ゴミ・廃棄物を発生させない」「徹底した分別回収」「エコロジー意識の啓発・PR」

©2007 universal event association 写真の無断転用を禁じます。