お知らせnews

新年の挨拶 UEA専務理事 高橋

2021年01月28日 コラム

新年の晴れやかな気持ちもないまま2021年はスタートした人も多いのではないでしょうか。そして1月も終わろうとしています。

再び緊急事態宣言の発出で、時短営業要請や自粛要請で、飲食店などは苦境を何とか乗り切ろうと必死に色々な知恵を絞っています。回転寿司チェーンでは、指をパネルに近づけるだけで注文できたり、そのタッチパネルに手持ちのスマートフォンを連携可能にしたり、さらに取った皿の枚数はAIカメラが計測、会計はセルフレジ。など、AI機能を活用した電子化を進めています。また、焼肉チェーンでは、ロボットが料理の配膳し、従業員と客の接触機会を減らすなど。サービスの方法も急速に変化しています。
大手チェーン店では機械化が出来ても、個人経営の飲食店ではそうはいきません。ある飲食店では「入店後の消毒」、「マスクをしてないお客の入店お断り」、「食事中以外のマスク着用必須」、「座席制限」、「1グループ1会計」、「ノーマスクでの会話の禁止」など、ありとあらゆる感染対策の協力をお願いしています。しかしながら、「会話」の部分についてはルールを守らない一部の人たちによって、対策が無力化されてしまう恐れもあります。そこである飲食店で端的で分かりやすい表現はないかと考えた結果、「黙食」だったそうです。来店客のほとんどが趣旨に賛同してルールを守っているといいいます。

もくしょく

我々はいま日常的にマスクを着用していますが、笑顔や顔の表情をつくるのをつい忘れがちですが、マスクからはみ出るほどの笑顔で、アイコンタクト、身振りで、言葉がなくてもコミュニケーションが出来るものです。ダイアログ・ミュージアムのアテンドスタッフでもあるユニバーサルデザインアドバイザーの松森果林さんは、「コロナ禍だからこそ、マスクの下の表情をサボらないで。目が笑う、目じりにしわができたり眉が垂れたりすることで伝わることも多くある。表情が伝わるとコミュニケーションがもっと豊かになると思うんです。」と言う。音(声)がなくても、アイコンタクトは安心と自己肯定感につながります。コロナ禍に限らず我々の日常生活の中で、アイコンタクトは重要なコミュニケーションとなっているのです。
コロナ禍でもたらされた変化を、皆が受け入れて対応し楽しんでいくのが大事で、それが社会を変えていくことにつながっていくと考えています。コロナ禍で失う事ばかり考えず。得るものが沢山あることにも気づかされます。

UEA専務理事 高橋保之

お電話でのお問い合わせ

03-5460-8858

営業時間

平日 9:00~16:00 (休・祝日を除く)

イベントカレンダー

各イベントのスケジュールを掲載しています。
色の部分をクリックしてご確認ください。

7月 2021
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2021年6月28日 2021年6月29日 2021年6月30日 2021年7月1日 2021年7月2日 2021年7月3日 2021年7月4日
2021年7月5日 2021年7月6日 2021年7月7日 2021年7月8日 2021年7月9日 2021年7月10日 2021年7月11日
2021年7月12日 2021年7月13日 2021年7月14日 2021年7月15日 2021年7月16日

7:30 PM: UEAオンライン手話サークル

2021年7月17日 2021年7月18日
2021年7月19日 2021年7月20日 2021年7月21日 2021年7月22日 2021年7月23日 2021年7月24日 2021年7月25日
2021年7月26日 2021年7月27日 2021年7月28日 2021年7月29日 2021年7月30日 2021年7月31日 2021年8月1日